採用情報

まちをつくろう

仕事の軌跡がまちになる。私たちと一緒に未来のまちづくりをしませんか。

先輩社員の声

川田賢(左)/松平純子(中央)/焼田泰隆(右)

川田賢(左)/松平純子(中央)/焼田泰隆(右)

【テーマ:20年後の森組】

今回の対談テーマは「20年後の森組」ですが、まずは創業80年を迎えた感想をお願いします。

川田:創業80年の歴史。その長い年月に携わった人の数は凄まじいと思うし、その方々の積み重ねが今の「森組」だと思う。

焼田:感謝という言葉に尽きます。自分が今ここで働けているのも、森組を盛り立ててきた先輩方のおかげです。やはり感謝ですね。

松平:私は総務部として経理を担当し、会社には80年の歴史が詰まった膨大な経理資料があるけれど、私が携わった部分はほんの一部に過ぎません。昔は手計算ですし、しかも筆書き書類もありました。今の自分がと思うと気が遠くなりそうです。今ではパソコンが無いと仕事が困難ですしね。

川田:その80年分の資料と積み重ねがあるから会社の経営が成り立ってきたし、今も引き継いで経理ができる訳だね。

川田賢/工務部土木課

松平:そうですね。過去からの積み重ねがあるから今がある。経理書類の80年間ずっと繋がっている数字を見ると重みを感じます。

焼田:創業80周年記念式典の準備で昔のアルバムを見ましたが、工事現場に重機が無い事に驚きました。かろうじて見付けたのが転圧作業を小さな機械1つで行っている姿でした。

川田:でもそれが当時最新式の機械であって、十分活躍したのかもしれない。

焼田:今は毎日重機を使用して工事を行っているけれど、それらが全て無い状態で進めることは考えられませんね。特に、掘削作業や土砂運搬など、力のいる作業は大変です。

松平:楽をする訳ではなく、何かをする際には便利になったし、仕事の幅も随分広がったんじゃないかな。

焼田泰隆/工務部舗装課

維持するべきところ、また進化の為、変えなければいけないことは?

松平:先人の築き上げた土台の上で日々の仕事をさせて頂いています。私達も次の世代への土台とならなければいけないですね。伝統や教えは守るべきものですが、時代に対応した進化も必要です。進化のためには、固執した考え方だけでなく、柔軟な発想や行動力も大切だと思います。

川田:そうだね。土台ではなく、今が「てっぺん」と思った時点で後は退化しかないと思う。常に土台だと思えば次に繋げていくための努力や工夫を行っていくだろうし、いろいろな事に責任や覚悟を持てるからね。

焼田:有名建築物にも、あえて未完成として劣化せず、さらなる進化を目指している物もありますよね。これで良いと思ったらそこで終わり。更に高みを目指して進化は必要でしょうね。変わった事は、僕が入社して約10年の間だけでも団塊の世代との入れ替わりもあり、「勉強、勉強!」という感じになりました。

松平純子/総務部

川田:昔の建設業は「習うよりも慣れろ!!」といった感じで、自分が入社した頃の森組もそうだった。けど、近年は真逆の流れになっているね。

松平:「仕事は先輩を見て覚えろ!」は、もう通用しないの?

焼田:そうかも…。僕達の世代以降は、「見て覚えろ!」は通用しませんね。テキストやマニュアルで基本から学び始めます。

松平:そっか…。近年真逆とはこのことですね。漠然としたものではなく、しっかりと文書化されたものが必要という事ですね。でもそれらマニュアル等は、「見て覚えろ!」で育ってきた世代の人達が形に残したからこそで、だから勉強も出来るんだろうね。

川田:だとすると、マニュアルの無い教わり方をしてきた世代としては、感覚と経験から仕事を覚え、それを文書化してきたことで更に身になったのかもしれない。そして今、後輩へ繋げられた訳ですね。

焼田:施工方法等、検討会議で先輩方から教わることができます。それをこれからしっかり後輩へ伝えて繋げていこうと思います。

松平:そうだね。検討会議等を行う委員会システムがある事は、会社の維持や進化をする上ではとても役立つことですね。

森組の委員会システムについてはどう思いますか?

川田:特殊ですね。しかもほぼ全員が何かしらの委員会に所属していて、仕事に対する社員の意見も反映されやすいです。

松平:委員会って、学校をイメージしてしまいますよね…。

川田:学校との大きな違いは、維持の為の強制参加では無いこと。

焼田:そうですね。「現状をより良くしよう」「改善したい」と思う有志が集まる勉強会に近いです。

川田:最初は戸惑いもありましたが、凄く良いシステムだと思います。

焼田:はい、若手の意見も吸い上げてもらえるし、なによりやり甲斐があります。

松平:世代や部門を超えて横の繋がりも強くなり、会社も社員も成長できるシステムですね。

川田:更に委員長になると確実にステップアップができるよ。地域やプライベートで責任者となり様々な課題に取り組む機会はあるけれど、ベースはその時までの状況で進んでいる。知識は容易に得られるが、リーダーとしての資質や心構えは機会が無いと学ぶことが出来ないから。

焼田:リーダー力。大変さを打ち消す大きなプラス性かぁ…。更にやり甲斐がありますね。

松平:毎週何処かの委員会が活動している姿は会社に活気があって良いですね。

焼田泰隆/工務部舗装課

委員会システムは次の時代への土台という訳ですね。

川田:各個人での勉強には限界があるし方向性も危うい。でも委員会主催の勉強会では各先輩達が学んできた事、「こういう時はどうするのか」を解りやすく教えてもらえる。また、新技術や法令に対しても一早く対応してもらえるからね。

焼田:自分の専門分野以外の事を、聞いて、見て、学習出来るのは大変有り難いです。

松平:建設業の総務部としては、実際の工事現場はよく分からないことが多かった。でも、委員会活動を通して現場の様々な仕組みを知る事ができ、意見を言う機会も増えたと思う。直接現場作業をしない立場からの目線でアドバイスする事も出来るしね。

川田賢/工務部土木課

更なる進化、目標は?

焼田:「知識経験をより積み重ねる事」「チャレンジ精神を忘れない事」です。

松平:建設業は人が生活していく上で絶対に必要だと思います。ですから、今あるものをより利便性が高く、質の良いものへ変えていかなければいけない。先輩方からの教えや、社員の幅広い知識を柔軟に活かせる環境造りをしていかなければならないと思っています。そして地域を愛すことで建設業に携わる誇りを持っていきたいです。

川田:目標は「全工種マイスター!」。時代時代で求められるもの、必要とされるものは違うので、判断力と柔軟性をより高めていきたいと思います。

松平純子/総務部

明るい未来を作っていきましょう。

焼田:はい。20年後の100周年に向けて、大きく意欲的に仕事を楽しみます。

松平:これまでの自分自身の経験を明日に活かし、前進あるのみです。

川田:新世代でも未完で!

藤森龍文(左)/江尻雅志(左中)/大江聡(右中)/橋場喜一(右)

藤森龍文(左)/江尻雅志(左中)/大江聡(右中)/橋場喜一(右)

【テーマ:地図に残る仕事】

地図に残る仕事。すなわち「カタチに残る」という事ですが、自慢の一品はありますか?

藤森:ずっと昔の施工だけど、公園の仕事だね。透水性の植生ブロックを並べた仕事で、日本で最初に使用した製品だったから施工手順に悩まされたけど、施工基準の3倍位の進捗で、当時はよく自慢していたよ。

江尻:俺は砺波福光線の遊部工区かな。出来栄えでの自慢ではないけれど、始めて現場代理人として現場管理をした思い出がある。右往左往しながらも先輩の指導や仲間に支えられ、無事工事を完了させられたことが俺の原点でもあり自慢かな。

江尻雅志/工務部土木課

橋場:作業員として携わり、小さな工事であっても完成したときは嬉しいよ。特に法林寺温泉の近くでの舗装工事が自慢かな。大型機械を使用しての施工で、不慣れながらもうまい具合に仕事を進められたのが嬉しかった。

大江:私は、圃場整備もそうだけど、一番は才川七のセド谷橋梁下部工だね。自分の技術力が発揮でき、管理もスムーズに行えて出来栄え共に一番上手くできた現場。何よりも自信が付きました。そして楽しかった。初めて経験する試験方法や工法があったけれど、自分の思うような施工ができたし、前向きになれた現場だよ。

橋場:その気持ちは凄いですね、羨ましい!建設業は地図に残る仕事ばかりで、自慢する現場が多いですよね。

江尻:そうですね。今はまだ全線改良工事は終わってないけれど、新設の国道304号線が開通したら、そこが一番の自慢の現場になるかもしれない。

藤森:国道304号線の開通は楽しみだね!Google Earthに掲載されたら最高かも。

橋場:楽しみだね、江尻さん。鮮明な上空写真だし自分たちの施工した仕事がよく見えるからね。

橋場喜一/工務部

得意な工種や作業はありますか?

江尻:俺は道路改良工が得意ですね。新しいモノ、そして今より良いモノを作る!と思える工種。

藤森:私は逆だな。新設工事より自由度の高い修繕工事が得意です。問題に対して聞き取りや調査を行い、自分なりに考えて、計画したことを実行できるのが魅力的で好きな工種。

大江:僕はその中間にあたるかな。測量と図面作成が得意!

橋場:私の場合は、機械作業よりも手作業ですね。細かい型枠組みや重機の相伴等は、自分が一番イキイキしていると思う。

大江:型枠組みが得意なのは羨ましい。図面に描けても組むのは苦手だな…。実際型枠を組んで、現場の状況に合わせるのはとても難しい事だと思っているし。

藤森:私は重機操作にも挑戦中!もっと上手くなりたいし、得意分野になるといいな。

大江聡/工務部土木課

大江:俺もまだまだ挑戦していかないと。現場作業には重機に乗っている時のイメージと、機械から降りて見た時とに実際差があるんだよね…。

江尻:あっ、それわかる!

橋場:私も視野を広げて、重機作業に挑戦していきたいと思っています。

大江:一緒に挑戦していきましょう!

橋場:はい。心強いです。

江尻:他には、建築の外構工事はリベンジしたいですね。前回の工事では理解する前に施工完了し、納得できていないです。その後、他の現場で勉強する機会もあり、他社の外構工事があれば見学もした。次回はスムーズで納得のいく施工がしたいです。

過去の現場を見に行くことや、実際の現場を家族に見せることはありますか?

藤森:私は、舗装工事に携わるので家族との買い物やドライブ中に通ることがあります。その際に「ココ施工した所だよ」と教えることはあります。

大江:一人で見に行く事は無いですが、でも、偶然通った際に見ると反省してしまいます。今の自分と比べてしまい、何故あの時もう少しできなかったかと思ってしまいますね。

橋場:私も同じです。自分が携わった現場を通ると懐かしいけど反省します。

藤森:自分が施工した所が少しでも劣化が見えると残念な気持ちにもなるよね。

江尻:俺は休日に息子を連れて施工中の現場を見に行く時がありますよ。普段は、寝ているか怒っているかのパパだけど、たまに現場に連れて行くと、大きなモノを作るカッコイイパパに変身させてくれます。

大江:重機に乗っている事を言うと、息子は「カッコイイ!」と言ってくれるよね。

江尻:そうそう!ドライブ中に除雪車を見て「パパも乗ってるよ」と言うだけで、息子からは尊敬の眼差し!

藤森:いいなぁ。うちは娘だから「ふーん」で終わるよ…。

藤森龍文/工務部舗装課

大江:本当は仕事中のカッコいい姿を見せたいけれど、危険性もあるため見せる機会はありませんね。見たといえば、Google Earthに現場が載った時家族に見せました。現場代理人として初めて施工した場所で、嬉しくて親父に見せた時は会話が弾みました。

橋場:私も家族に見せた時は、現場での苦労や仲間との喜びなどを話しています。

江尻:家族に見せるのもそうだけど、まちの人が普通に利用されているのを見ると『良かった』という気持ちになる。苦労した事や辛かった事が報われる瞬間だね。

それは優越感ですか?

江尻:そうかな?そうですね、ドヤ顔で自分を褒めているかも。特に意見を出し合い、工夫し施工した所を使用されているのを見ると、一番のドヤ顔だね。後は、優越感に浸るためではないけれど、苦労した点について仲間内でよく話します。

藤森:私も、難しい施工に仲間とアイディアを出し合った事や無理を覆したことは思い出に残っています。

橋場:使用者目線で「ここはどうやって工事をしたのかな?」と思う場所を完成させた時は優越感が有るかもしれない。

大江:優越感と言えば、立山砂防工事。初年度はさほど思わなかったけど、次年以降は「あぁ、凄いモノを作った!」と思えて、完成検査の時に「ありがとう」の発注者側からの言葉に感慨深くなったよ。

藤森:あと事務所に戻ってからの「お疲れ様」の言葉かな。

江尻:使用者の笑顔が見られる点では建築工事は羨ましいですね。でも土木工事に関しては問題無く利用できるのが普通であって、利用者が何も感じない事がイイ事なのかなと思う。

藤森:そうだね。時間をかけた仕事でも利用されるようになったら、一瞬で通り過ぎるもんね。いい仕事をすればする程何も感じられない。それがいいのかもしれないね。

橋場:近隣の方に感謝される事もあるよ。その感謝の積み重ねが信頼に繋がっていくのでしょうね?

大江:地域の方や家族が利用する所の不便を改善する事で感謝される。それが僕達にはご褒美ですね。

江尻:そうですね。みんなの笑顔のために!

では最後に、仕事が地図に残る喜びとは?一言で

藤森:次への動機付け・起爆剤!

橋場:情熱が形に現される。

大江:歩んできた足跡が見えること。

江尻:笑顔と達成感です。